未解決事件

【未解決事件】北関東連続幼女誘拐殺人事件

更新日:

みなさんは、「北関東連続幼女誘拐殺人事件」という世にも恐ろしい事件をご存知でしょうか?

ある一定の期間で幼女が多数誘拐された事件です。

今回はそんな「北関東連続幼女誘拐殺人事件」についてまとめてみました。

家族の元に帰ることが叶わなかった子供達

1979年 栃木県足利市 福島万弥ちゃん 5歳 殺害
1984年 栃木県足利市 長谷部有美ちゃん 5歳 殺害
1987年 群馬県尾島町 大沢朋子ちゃん 8歳 殺害
1990年 栃木県足利市 松田真実ちゃん 4歳 殺害
1996年 群馬県太田市 横山ゆかりちゃん 4歳 行方不明

事件概要

3年から6年間隔を得て、事件はまるで栃木/群馬県境を往復するように発生。

17年間に、5件の幼女誘拐・殺害事件が半径10キロ圏内で起きています。

その他、以下のように類似点が多数あり、同一犯である可能性が高いで

す。

・幼女を狙った犯罪

・3件の誘拐現場はパチンコ店

・3件の遺体発見現場は河川敷

・事件のほとんどは、週末などの休日

・泣く子供の姿などは目撃されず

それまでは別々の事件と見られていたこれらを同一犯による事件と見られるようにり、「北関東連続幼女誘拐殺人事件」と呼ばれるようになりました。

犯人はルパン似?

松田真実ちゃんが命を奪われた事件、通称「足利事件」については、菅家利和さんという方が逮捕・収監され、この事件は解決かと思われました。

しかし、その後も幼児は誘拐され、のちに冤罪であることが証明されました。

足利事件には2人の目撃証言者に、犯人とも思われる男を見たという証言がありました。

男は、あんまり若くなく、ひょろりとした感じで、漫画のルパン三世にそっくりだったとか…

さらに、横山ゆかりちゃん事件の誘拐現場となったパチンコ店の防犯ビデオに写っていた、ゆかりちゃんを店外に連れ出した男について、自分が見た足利事件の男と類似していると、足利事件のもう1人の目撃者が証言。

あるジャーナリストがこのルパンについて詳しく調べていました。

そのジャーナリストによると、男は独身。

週末になると県境を行き来して、足利や太田の度々、パチンコ店に現れるようです。

さらにそのジャーナリストは、その男の家までたどり着きました。

そしてその男に事件について問い詰めたところ、事件当日に足利や松田真実ちゃんが行方不明となったパチンコ店にいたことも認めました。

11キロ離れた2つの現場に出没し、連続事件の犯人として全ての条件を満たす男…

さらにその男、ルパンと足利事件の真犯人のDNA型が一致。

断言しましょう、この男が真犯人です。

真犯人が逮捕されない理由

菅家さんが足利事件の犯人ではなく冤罪であったことが明らかになり、釈放された後も、真犯人を追及する動きがありません。

それは何故でしょうか?

誤認逮捕を引き起こした上、真犯人によって『横山ゆかりちゃん事件』が起こったなどとは絶対に認めたくないのでしょう。

それでも国会で追及され、5件の同一犯説を無視できなくなった警察庁。

今度は『時効』を持ち出したのです…

警視庁は、あくまで捜査を行おうとしないきでした。

確かに、足利事件と飯塚事件の2つの事件の真犯人のDNAさえ封印すれば、鑑定の闇は永久に閉ざすことができます。

最新のDNA鑑定でほぼ真犯人確定の『ルパン』を逮捕してしまえば、科警研の誤判定が確定します。

それは、死刑が執行された『飯塚事件』にも重大な影響を与えることになり、警察の評価は地に落ちます。

かくして、『北関東連続幼女誘拐殺人事件』は警察の闇と共に葬られようとしています。

-未解決事件

Copyright© 都市伝説女 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.