未解決事件

【未解決事件】世田谷一家殺害事件

投稿日:

世田谷一家殺害事件とは、2000年12月30日から、31日にかけて起こった未解決殺人事件。

本事件が21世紀突入というビッグイヤーに入る最中に起きた事件であることから、年末にはこの事件はよく特集されます。

今回はそんな世田谷一家殺害事件について、まとめてみました。

事件の概要

警視庁が出したこの事件の名称は「上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件」

年の暮れに、一家4人が殺害された凄惨な事件ですが、10年以上に渡って解決されていない未解決事件。

事件発生当時は、遺留品が多く残っていたことから犯人特定は容易だろうと思われていました。

しかし不可解なことが多く、犯行時における犯人の異常な行動など、非常に奇妙な事件となっております。

事件の発生からの流れ

30日 事件発生

事件が起こったのは30日の午後11時半頃。

犯人は、被害者宅の後ろにあった公園のフェンスから犯人が住居に侵入。

その後、2階の子供部屋で寝ていた長男を絞殺、続いて異変に気づいて2階にあがってきた父親を襲って殺害。

最後は3階にある屋根裏部屋で眠っていた長女、母親を殺害し、この家に住んでいた4人全員の殺害。

長男が絞殺された以外、家族は柳刃包丁と文化包丁で刺殺。

しかも犯人は死んだあとも執拗に何度も刺しており、怨恨での犯行が疑われました。

31日 犯人の不可解な行動

その後、犯人は不可解な行動をとります。

なんと犯人は家族4人の死体が横たわる家の中で、食事をとる、トイレをする、ネットをやるなど、まるで自分の家で過ごしているかのようにくつろぎ始めました。

手を怪我したので、その場で治療も行うなど、犯行を隠そうとなかったそう。

電話をかけても繋がらないことを不審に思った実母が、31日の午前10時55分頃に被害者宅を訪問したことで事件が発覚。

犯人が最後にネットに接続した時間は丁度その50分前くらい。

つまりこの事件の犯人は、9~10時間程度、ずっと被害者宅でくつろいでいたということになります。

そのため、指紋や血液、あげくは大便まで、犯人を示す証拠はかなり残っていました。

しかし犯人特定に至ることは出来ず、捜査は以降何ら進まないまま10年以上経過。

殺人の時効がギリギリ撤廃されたことで捜査は続いていますが、確実な情報は未だ見つかっていません。

事件現場の現在

今でも事件のあった被害者邸は残ったまま。

しかし事件の記憶が蘇るためか、周辺からは段々と家屋が減っており、空き地群の真ん中に事件現場が不気味に佇んでいると言った状況です。

ちなみに現在の被害者宅には防犯設備が大量に導入されています。

また、近くには哨戒BOXが配置されており、そこには警察官がほぼ毎日張り付いているので、興味本位で現場へいくことは不可能でしょう。

事件から十年た以上経ち、親族の中には死去する方も出始めており、この事件は風化していくのかもしれません。

-未解決事件
-

Copyright© 都市伝説女 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.