未解決事件 殺人事件

【未解決事件】愛知豊明母子4人殺人放火事件

投稿日:

皆さんは、愛知豊明母子4人殺人放火事件をしっていますか?

この事件は、今から15年前の9月9日が起きましま。

この事件は家の主人が残業している間に母子4人が殺害され、その後家を放火されるという悲惨な事件。

今回はこの事件について紹介したいと思います。

事件の概要

2004(平成16)年9月9日未明に、愛知県豊明市の民家から火が出たと消防に通報がありました。

消防隊などが駆け付け火を消しましたが、焼け跡からこの家に住む当時38歳の母親と15歳の長男、13歳の長女に9歳の次男の遺体が発見。

この家の45歳の主人は仕事のため不在で無事でした。

その後の調べで4人の遺体には損傷の痕跡が見つかり、これはただの火災ではなく母子は殺害されたのちに灯油が撒かれ、火をつけられたことが判明。

愛知県警はすぐに殺人放火事件に切り替えて、特別捜査本部を設置。

警察は必死の捜査をおこなっていましたが、火が放たれたことにより現場に残された証拠はなく、捜査は難航。

被疑者は未だ逮捕されていません。

残虐な殺害方法

被害に遭った母子は、殺害方法が異なっています。

母親と長女の女性はともに刃物で刺されており、母親は背中を中心に顔や頬など十数カ所、長女はろっ骨が折れるほど上半身を何度も刺されていました…

2人は、執拗に刺されたことによる出血性及び外傷性ショック死とみられています。

長男と次男には刺し傷はなく、鈍器で撲殺。

バールのようなので一撃され、いずれも頭部の損傷が確認されており、急性クモ膜下出血や脳挫傷が死因となっています。

4人の被害者の遺体には、すべて抵抗した痕跡がなく、寝ている間に襲われた可能性が高いようです。

それぞれの遺体の肺からは微量のすすが検出されており、これは放火された後も4人に息があったことを示しています。

犯人の侵入経路

事件当時、玄関や勝手口のほか、1階のすべての窓は施錠されていました。

唯一、2階の長男の部屋の窓が網戸であったため、そこからの侵入が疑われました。

しかし、2階にのぼるための梯子をかけた跡など、犯人が侵入した形跡が何も見つかりませんでした。

なんでも被害者宅では父親が頻繁に仕事で帰宅が遅くなるため、車庫内の指定の場所に勝手口のカギを置いておく習慣があったそうで、この日もカギが置いてあったそうです。

おそらく犯人はそれをわかって、鍵を取り侵入したのでしょう。

被害者宅では番犬として犬を飼っており、事件発生時には犬が吠える声を近隣の人を始め、誰も聞いていませんでした。

この家にあった貴金属や通帳、カード類などは残されていました。

灯油が撒かれた箇所は遺体周辺ほか広範囲に及びましたが、この家ではもともと灯油は使わなかったため、犯人が持ち込んだと思われます。

捜査の現在

今回紹介した事件は、15年経った今も犯人逮捕はおろか、有力な情報さえ得られていません。

この事件は夜中に侵入され殺害されて放火されるという残虐極まりない事件。

殺されて放火されるということに目が行きがちですが、この事件はもともと侵入犯罪です。

侵入犯罪は窃盗を含め数多く起きています。

今回の事件もそうですが、十分な防犯意識や対策を講じていても、誰でも被害にあってしまうということを示しています。

この事件は、日本国民の防犯意識を高めた事件でもあるのかもしれません。

-未解決事件, 殺人事件

Copyright© 都市伝説女 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.