未解決事件 殺人事件

【未解決事件】琵琶湖バラバラ殺人事件

更新日:

皆さんは日本最大の湖、琵琶湖で起きた奇妙な殺人事件を知っているでしょうか?

その事件は、琵琶湖バラバラ殺人事件と呼ばれ、2008年5月17日早朝から6月23日にかけて、滋賀県近江八幡市の琵琶湖で発覚した殺人・死体損壊事件。

被害者の身元および容疑者の特定・逮捕まで至っておらず、2018年現在未解決事件となっています。

事件の概要

2008年5月17日、琵琶湖の湖岸緑地である岡山園地で早朝から釣りをしていた男性が、人の足が漂流しているのを発見、滋賀県警に通報。

また、同日に警察が同湖で足の一部を発見したほか、5月20日には頭部が発見。

さらに6月22日と翌23日にかけて、湖岸で両手首が見つかりました。

鑑定の結果、全ての遺体のDNAが一致し、死因は首を絞められたことによる窒息死とされたことから、県警は殺人・死体遺棄事件として捜査を開始。

2009年2月27日、警察庁は捜査特別報奨金制度に同事件を対象にした。

報奨金の上限は300万円。その後2012年に一旦指定から外されたが、2014年9月9日に対象事件に再指定されました。

被害者の身元を調査するため復顔法を試み、似顔絵も公開されているが、身元は判明していません。

頭部は一部が切り取られており、これが特定を困難にするためのものと推測されています。

身元不明の遺体

遺体の損所為が激しく、年齢は35~65歳位ということしかわからなかったようです。

性別:男性

身長:胴体部分が未発見のため不明

体格:中肉~肥満

頭髪:白髪交じり(髪型は不明)

血液型:O型

特徴:鼻に骨折治療の可能性あり。

   左目尻の下にできものあり。

   歯の状態が悪く、上の前歯4本なし。

   鼻と下あご欠損。

   外国人の可能性あり。

事件の現在

発覚から10年がたった「琵琶湖バラバラ殺人事件」。

滋賀県警は捜査に延べ3万1千人を投入し、捜査を進めていますが、被害者の身元は特定されず、捜査は難航。

 事件は有力情報の提供者に300万円を上限に支払う警察庁の「捜査特別報奨金」の対象に指定されています。

被害者の身元確認に向け、全国の行方不明者10万人以上と照合するなどしてきたが、特定には至っていません…

-未解決事件, 殺人事件

Copyright© 都市伝説女 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.