未解決事件 殺人事件

【未解決事件】八戸市女子中学生刺殺事件

更新日:

皆さんは、人の目が多い住宅街で、女子中学生が自宅で惨殺された不可解な事件があったことをご存知でしょうか?

その事件の名は、「八戸市女子中学生殺害事件」。

今回はこの事件についてまとめてみました。

事件の概要

事件は、1993年10月27日夕方に発生。

青森県八戸市に住む、当時14歳の女子中学生Sさんが被害者となります。

Sさんは、所属していた陸上部の練習を終え、友人2人と自宅への帰り道を歩いていました。

いつもなら、学校の帰り道に友人らと一緒に食料品店に寄るのですが、この日Sさんは「18時までに家に帰宅し、18時20分ごろまで家にいなければいけない」と話していたため、3人は寄り道をせずに帰りました。

友人の一人が何の用事なのか聞いたたそうですが、Sさんは答えを濁すばかりで、用事が何だったのかはわかりません。

17時53分、本八戸駅前で友人らと別れて、Sさんは一人で自宅に向かい、帰宅したのは18時00分頃だと考えられています。

そして、18時15分頃、Sさんの自宅の玄関のガラスが割れる音が住宅街に響き渡りました。

警察の調べによると、近所に住む16人がこの音を聞いていて、中には「助けて」の声を聞いたと警察に証言した者もいたそう…

それからわずか数分後の18時23分頃、Sさんの母親が帰宅。

そして、母親が寝室で倒れ、胸から血を流しているSさんの姿を発見。

Sさんは仰向けの状態で両手を粘着テープで縛られ、口もテープで塞がれており、上半身は学校指定のジャージにパーカーを羽織っていたが、下半身は裸で座布団が掛けられていました。

驚いた母親は近所の住民に助けを求め、住民が110番をしたものの、18時38分頃に救急隊員が到着した時には、既にSさんは息を引き取っていました。

捜査状況

約20分の短時間での殺人事件でした。

警察の調べによると、室内に物色された形跡はなかったそうですが、玄関、居間、風呂場の脱衣所の3か所の窓が施錠されていませんでした。

司法解剖により、Sさんの死因は心臓を貫通するほどの深い刺し傷による失血死と判明。

また、性的暴行の痕跡はありませんでした。

犯人と思われる「犯行直後に現場を走り去った中年男」を目撃した住民や、Sさんの自宅付近の駐車場に不審な車を見かけた住民がいました。

また、犯行現場には犯人のものと思われる遺留品がいくつか残されており、タバコの吸殻といった個人特定に繋がる重要な証拠品も発見されました。

決定的な証拠が揃っているかのように思えましたが、 遺留品からは指紋が検出されず、目撃証言も遺留品も犯人の逮捕に繋がりませんでした。

タバコの吸殻から唾液が検出できれば、DNAが検出できた可能性がありましたが、不幸にも当時の青森県警はDNA型鑑定を導入しておらず、青森県警がDNA型鑑定を導入したのは事件から2年後の1995年でした。

青森県警は12万人の捜査員を投入し、事情聴取をした人の数は600人にも及んだが、結局手がかりは得られず、2008年10月27日に殺人罪の公訴時効(15年)を迎えています。

また、青森県警が1995年以降に遺留品のDNA型鑑定を行ったかは不明。

現在も事件は未解決のまま。

事件現場で目撃されていた怪しい人物

犯行時刻頃に現場付近から走り去る中年の男を近所の住民が目撃しています。

さらに、午後6時30分頃、女子生徒宅の斜め後ろにある駐車場から軽自動車が走り去るのを目撃した住民も。

車種は1990年から1993年型の三菱の黄色のミニカトッポ。

この車は同年8月頃から無断で駐車されていたが、事件後は全く見られなくなり、所有者も分かっていません。

果たしてこの車の所有者とは…

そして、Sさんがこの日に限って帰宅を早めた理由は何だったのでしょうか。

また何故、下半身だけ裸にされていたのか。

友人が聞き出せなかった“用事”に、事件解決の鍵が隠れているかもしれません。

-未解決事件, 殺人事件

Copyright© 都市伝説女 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.